受験のため仮引退中でしたが、合格したので復帰しました。小説をはじめとしメイプル記事も更新されます。


by jwpwm424

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

番外編 ある日の夜

 さて、この記事をかいているころは2008年のはじまり・・・ということで書いてみました。


・仕様上の注意ポンズコメント

 (これをかいている時点では)全員分かれているはずのメンバーを例によって強引に集合させます。
 この章は、のんびりメイプル生活の第19回の設定(ミストと珠蟲姫がいれかわっている状態)で送ります。
 ただしレビは話に絡めるのが難しくなるので記憶は失ってません。
 この番外編は前の世界旅行とは違い、『本編とはちょっと違った方向に進んだ話』となっております。19章の後のような話です。

ある日の夜
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-31 23:57 | Extra Story

うえーい

 タイトルは某有名芸人さんのネタからとったわけではありません。多分。

 さて、最近は1日8時間という学校の授業より長い塾に行く・・・というより親に行かされかなり精神的にやられてます。小説の更新は年末(12月29日から)にまとめて行いますので、楽しみにしている方々(いるのかな?)にはすいませんがもうしばらくおまちください・・・

 最近の僕のすけじゅーる

朝 7時00分 起床

8時00分 朝食終わり 1時間もくってんじゃねーよとかいわないで・・・

8時55分ぐらいまで 塾のテストの予習

9時20分頃 塾出発

9時30分 塾開始


午後
6時00分 塾終了

6時25分ぐらい 帰宅

6時45分まで 疲労回復のため寝る

6時45分 風呂

7時~7時55分 夜食

8時00分~9時00分 自由時間(主に動画の閲覧やブログ更新)

9時00分~10時25分 次の日のテストの予習

10時30分 就寝


というかんじです。自由時間1時間だけは泣けてきます。受験を経験した方からいえば、1時間あるだけ幸せということだと思いますが・・・


 追記みたいなもの 最近ブログがあんまりおもしろくない小説でうまってます・・・バトンとか持ってる方はできればまわしてくださいお願いします・・・
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-26 21:31 | リアル関係・その他
 こちらでは、よりオリジナル色の強い『重なる世界』の人物(とおおまかな世界観)を紹介していきます。きまぐれに更新されます。




メインキャラクター

・キャット

年齢 16~17歳前後
武器 爪、ナイフ

本作品の主人公。本名不明。邪気抵抗がとても高い。寝癖のつきやすい黒の(途中からライトブラウンに変色)ロングヘア。目つきが鋭く怒っているように見られやすい。瞳の色は青(暴走中のみ血色)。顔立ちはその目の鋭さも含めなかなか整った部類に入るのだが浮いた話はない。
近接戦闘(特にナイフ格闘)の技術が非常に高い。独特の型を持っており、黒塗りのシースナイフ(アタックナイフと同程度の大きさ、形状だがシースがあるオーダーメイドモデル)を使用している。
幼い時に飼っていた猫が自分の不手際(と本人は思っている)によって死亡し、その思い出を邪によって利用され、猫の一部が体に現れた。猫の耳に加え、首には無色の宝石がはまった首輪がついている。
伸ばすと刀のようになる黒い爪は銃弾も弾き、鉄すらも切り裂く。攻撃手段は0コンマの刹那で繰り出される体術。
過去に傷を負っており、考え方はネガティブ。男を嫌っており、信用した人以外と深くかかわることもあまりしない。
変化したキマイラの体を本人はあまり好ましく思っていない。特に猫の耳は話題に触れられると(実際に触られても)不機嫌になる。



・ウルフ

年齢 15歳(自称)
武器 爪、牙、銃器など

 主人公(男)。本名は本人は覚えているが作品中ではでていない。
何らかの理由で狼の一部がキマイラの部分として現れている(だからウルフとキャットに名付けられた)。白い狼の耳は普段髪の上に同化するように寝ており、非常にふわふわと柔らかい。寒冷地の狼の毛に似た真白い剛毛が手と腕を覆っている。
人間の目では捉えられない速度で運動する物体を見ることが出来る。反射神経が非常に優れているので見えさえすれば回避可能(らしい)。また紫電のようなもので直前の記憶を消し去ることも出来る。
声変わりしているらしい(自称)のだがその声は高く、幼い顔つき(キャット曰く「男っぽくない」)もあって実年齢よりかなり下に見られている。マイはこのあたりが気に入っているらしい。
過去をあまり語ろうとはせず、キャットも(マイも)そことなくタブーとわかったのかこれと言って聞こうとはしない。
邪についてそれなりに知識があるため、キャットを導こうとする。だがそれは・・・


・マイ

年齢 16~17歳前後
武器 鳥の鉤爪など

キャットとは違ったポジションにいる主人公。キャットと同じ高校に通う少女。肩あたりで黒い髪を軽く切りそろえている。瞳の色は黒。
ひそかに持っていた夢から鳥の一部をキマイラの部分として持ち、両手両足は人間の頭を鷲掴み出来るほど大きな鳥の足(鉤爪)になっている。肘に収納できる灰色(白に近い灰色)の翼は鋭く、少しなら空を飛べる。
元々戦闘が苦手で、キマイラ化しても暴走時以外はあまりうまく戦えない。
戦いに慣れているキャットと比べるとどうしても殺傷が苦手で相手が化け物でも殺すのを躊躇う。
人間の頃は話すのがとても苦手で、言葉が途切れがち。だがキマイラになってからは・・・
色んな意味で警戒心が薄い。キマイラ化しても気配には鈍いが、何かよくないことを察知する力がある。
羽を持たない節足昆虫が大嫌い。


サブキャラクター

・『革新者』

 『革新』という行為を推し進める『邪』の集団。人間と敵対している。この作品での敵。

・老婆

 本名不明。作者的に出す予定もない。ウルフの祖母。
邪気で下半身を大蛇の体に、右腕を巨大な豪腕に変えられているが人間の意識を保っている。豪腕は爬虫類のような鱗に覆われ、先端に小さな爪がある。
邪たちが『闇の世界』から来たことを知っていた。


・リサ

 キャットが通う学園の学園長の一人娘。キャットと同じクラスだが選択している講義が大きく違うため昼休み以外あまり会わないらしい。邪気に全く侵されておらずその存在自体を知らない。
キャットが信頼する数少ない友達で、キャットと比べるとかなり明るい。髪は栗色(地は黒)。
キャットの人間だった頃の日常の象徴。


・リュウジ

 キャットと同学年の男子生徒。2クラス所属。ナイフ格闘Sランクにいるが腕前はキャットよりだいぶ劣る。
髪はパーマをかけているのだがキャットは寝癖か何かとしか思っていない。長い剣のようなナイフを使い、意外と素質がある。
物語上では日常の中に生きる男という役割。今後キーパーソンとなる予感・・・たぶん。

『こじれた世界』エピローグまで読んだ方はこちら
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-24 13:45 | 小説を読む前に

第8章

 戦いの前の準備みたいなのです。

・今回のポンズコメント

 どーでもいいことですが、主人公の部屋は僕のリアルでの部屋に間取りが近かったりします。

第8章
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-24 13:30 | オリジナル2『重なる世界』

我思う 故に 我在り

 えっと、タイトルの言葉は(多分字が違いますが)とある有名なお方の言葉ですね。この言葉は好きです。

 さて、学校で志望校をきめて、まさに受験まっしぐらという季節になったことを知りました。遅いんだよボケとか言わないでください・・・

 で、僕は優柔不断で物事をきめるのに時間がかかるせいか、どうでもいいようなことに迷って自分を苦しめることが多いのです。そんな苦しみの中で思ったことを書き連ねてみます。

※この記事はかつてないほどよくわからない記事になりそうなので、追加記事にいれておきます。暇な方はよんでみてください。

愚痴っぽいことがおおいです。
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-19 18:07 | リアル関係・その他

4章 激闘

 中規模な戦いがあります。ちなみにアルセリオ戦記の方が重なる世界より1回あたりが長いのは会話が多いせいかな・・・と思ってます。決して手抜きではないです。多分。

・今回のポンズコメント

 ミストの部屋がでます。グラッグがやっていることはどうかと思うというコメントはなしで。

4章 激闘
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-17 18:58 | オリジナル1『アルセリオ戦記』

3章 突破

 戦いの真相が少しづつわかってきます。3章です。

・今回のポンズコメント

 アルセリオの機械兵士との戦いをもう少し長引かそうと思いましたが、後々もう何度かあるのでとりあえず短めで。僕は服とかの知識があんまりないので、かなり書きにくいです・・・;(特に最後のほうが)ちなみに少年がレオンのことを「おじさん」といってますが、レオンの年齢は20代ほどです。決して別人のことをいっているわけではありません。
 ちなみにグラッグはアルセリオ戦記になって、稀に口調が優しく(?)なってます。(メイポ小説の誠のような感じ)よく見ると相手によって口調が微妙に違うのは、ミストを意識してて緊張しているから・・・かな?後々わかるようにする予定です。

3章 突破
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-10 21:15 | オリジナル1『アルセリオ戦記』
 どうもぽぽんずです。

 あれですよ

 小説

 リアのとある人に好評だった

 呪われた都市の続編かいたけど

 それとは別にかいた

 重なる世界

 相変わらず某ゲームのパクリだけど

 人気ないと思ってしまう




 人気度

 メイポ小説3つ>>>>>>呪われた都市シリーズ>越えられない壁>>重なる世界

 と思ってしまった

 でも

 重なる世界は

 僕の雑念と欲望が

 ものすごい反映されてるから

 続けようと思う

 


 以上


 



 手抜きですいません・・・
[PR]
by jwpwm424 | 2007-12-03 18:02 | リアル関係・その他