受験のため仮引退中でしたが、合格したので復帰しました。小説をはじめとしメイプル記事も更新されます。


by jwpwm424

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2章 失望

 2章です。本格的に戦いがはじまります。メイポ小説と同じく、僕が書き終わって感じたこと(ポンズコメント)をのせておきます。

・今回のポンズコメント

 いよいよ戦いが始まります。ミストとグラッグの連携攻撃シーンもいれてみました。名前のあるキャラは重要キャラなので、覚えておいた方がいいです。それにしても、ミストがグラッグにくらべるとものすごい非情な気がします。まあメイポ小説のヒロイン(珠蟲姫とかマヤとか)は素直な感じだったので、彼女達とは反対の性格で・・・とするとなぜか非情で冷静なキャラになってしまうのです。ちなみに、グラッグとミストは銃器以外にグレネード(グラッグは少数、ミストは多数)と格闘用ナイフ数本をもっています。ミストはそのほか怪しいものを色々ともっていますが・・・少年の持つ武器は・・・言うまでもなくグレネードランチャーです。

2章 失望
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-24 17:20 | オリジナル1『アルセリオ戦記』
 えっと、ここでは、オリジナル小説1の『呪われた都市』の製作時にポンズが思ったことなどをインタビューアと回答者の一人二役をポンズがやるというかなり危ない感じがする方法で進めていきたいと思います。ネタバレなんてレベルじゃないほど語るのでMoreに記事をいれておきます。ちなみにQはインタビューア、はポンズ(僕)の言ったことです。

ネタバレ注意!興味のある人のみどうぞ。
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-21 19:10 | 小説を読む前に

第21回 戦いの予兆

 アリアントはクエストが終わらないまま引退したので当分先です・・・誠の話をやろうかなと思いましたが、彼が次でてくるのはアリアントの予定なのでミストたちのはなしです。ではすたーと。

今度からここには製作時の背景や推敲した時の感想(ポンズコメント)でものせときます。

・今回のポンズコメント
 テストがおわってうかれまくって作ったものなので戦闘シーンなどはまったくありません。まさにのんびりです。今まで影が薄かったマヤが活躍します。ちなみに僕はNPCではマヤとモイラが好きです。マヤのライオネルに関するクエストは今でもよく覚えてます。

第21回 戦いの予兆
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-16 18:23 | 『のんびりメイプル生活』
 えっと、オリジナル小説1(呪われた都市・アルセリオ戦記)のキャラ紹介です。何人かは用語紹介に説明があったりしたので、最新のものをのせます。『重なる世界』シリーズ(オリジナル小説2)は別の記事でやります。

メインキャラクター

・グラッグ・ノートダム
年齢 15歳
出身地 不明
所在地 メディスストリート・B区画

 本作品の主人公。銃の改造や車両の改造が得意で、本来なら相手を怯ませるほどの威力しか持たない小口径銃を改造し、薄い鉄板なら貫けるほどの威力にした。暗い青色の目をしており、髪は赤色。着ている服はグレーなどの暗い色が多く、腰から胸の近くまで、長さや太さの違う何本ものベルトをまきつけて独特のファッションとしている。

背中にアクシオンを入れるホルスターをつけ、左腰にはジムからもらった、敵にめりこんだ後内部から炸裂する特殊弾を放つ銃を入れている。

 両親はメノウへ出稼ぎに行っているため、家事や掃除全般を難なくこなす。

 口調は荒っぽいが、余り気は強くない。そのため人やバズによって操られた人間を殺すのを躊躇うことも多い。

 趣味は改造以外に、アクシオンに硬質ゴム弾を装填し行う射撃。そのせいか射撃の腕はかなりいい。

 アルセリオ内で戦争が始まった後は、アクシオンに狙撃用のスコープをつけたりして強化している。

ミストに思いをよせているようだが、自分からその思いを言ったことはない。

・ミスト・ドラゴニア
年齢 15歳(自称)
出身地 不明
所在地 メディスストリートC区画(ジムの工房)

 ジムと一緒に武器や兵器の製造を行っている少女。自称、グラッグと同年代。鮮やかな青色の瞳をもち、髪は腰まであり黒い。服はグラッグと同じように暗い色が多く、どうやら黒色が好きなようだ。服の上に防弾ジャケットを着ていたりぶ厚いコートを着ていたりするのでわかりにくいが、スタイルはかなりいい。同年代のグラッグは比較的ファッションに気を遣っているのに対し、ミストはアクセサリの類をまったく身に付けていない。唯一の飾りといえば、長髪の中に埋もれるようにつけている錆び付いた金属のようなヘアバンドだろう。

 かつてアルセリオを救った、高温の炎を噴射するプロミネンスの強化モデルの銃を武器としている。最初はバズ達に怯えていたが、グラッグの決意を聞いて恐怖心を取り払って勝負に臨んだ。機械整備や修理がとても得意で、エアビーグルの操縦技術は国内防衛軍隊も舌を巻くほどである。

 また冷酷な面も持ち、敵だとみなしたものは躊躇なく射殺する。そして自分の役に立つ人・物は最大限に利用するようだ。

 戦争が始まると、短い銃身と銃口を持つ、反動の少ない連射型の銃を装備しているほか、応急処置用の薬や対人用のグレネードなどを携帯しており、戦いなれているような様子を感じさせる。

 グラッグに時々意味ありげな微笑みを見せたりしているが、その真意は彼女以外知らない。


・ジェイド・サージェスト
年齢 10歳
出身地 バーンストリート
所属 アルセリオ国内防衛軍(レジスタンス)

 アルセリオ国内防衛軍からとある事情があって逃げて、軍のやる事に言論と武力をもって反対するレジスタンスに所属する幼い少年。髪は金色で、顔にはまだ幼さが残る。とはいえエアビーグルの操縦から戦車の基本整備、専門の知識を必要とする銃器の整備・使用が可能なようだ。

 銃はレジスタンスの標準装備である榴弾を発射する折りたたみ式の大型銃器、ランチャーを持っている。身近なものと薬品を混ぜ合わせてナパーム弾や熔解弾などを作れるキットを携帯しているため、大量の弾をストックしている。

サブキャラクター

・ジム
年齢 不明
出身地 不明
所在地 メディスストリートC区画(ジムの工房)

 かつて戦争を体験した老人。普段は銃器の製造や戦艦のパーツなどを製作している。見た目はどこにでもいるような老人だが、銃器の扱いはとてもうまい。バズ達に囲まれた時も、機関銃を巧みに使い全滅させた。ミストの愛銃である『コロナ』もジムが改良を重ねて作ったもの。

・バズ(種族名)

 アルセリオの巨大ドリルが掘った穴の底から出現した、蜘蛛のような虫。人の中に寄生し、肉と血を食い尽くす。さらに人間の中に卵を産みつけ個体数を増やすという悪魔のような性質を持つ。人間の中へ寄生している時は、人間を盾にしつつ触手で攻撃したりするが、盾をはがされるとほとんど何も出来なくなる。ほとんどの個体は種族を増やすことを目的としたメスで、少数だけ戦闘能力の高いオスが存在する。オスは背中にある気泡のような卵袋がなく、前足が岩を砕ける爪になっている。最強の個体も存在するようだ。

・マックス・グレイブ
年齢 50歳
出身地 メノウ(アルセリオの首都)
所在地 メディスストリート・新世界発掘隊作戦本部

 新世界発掘隊の総司令官。戦争経験者らしく、見た目はやや太めの中年男だが戦闘能力は高い。オーダーメイドのバズーカ砲を愛銃としている。

・ケルビー・ドミエフ
年齢 45歳
出身地 不明
所属 アルセリオ国内防衛軍機密部隊

 アルセリオ軍が秘密裏に持つ「機密部隊」の隊長。冷酷な性格で、戦いに慣れているようだ。機密部隊が何をやっているかはわからないが、人殺しに慣れているのでいい仕事ではないだろう。同年齢のマックスと異なり体はがっちりとしており、その腕力に勝てる者は少ない。ミスト達とは対立している。

・マテリアルハイド(兵器名)

 アルセリオ機械軍隊が所有する、高性能汎用戦車。フルオートで操縦・射撃を行い、自ら状況を判断し、攻撃・防衛・撤退などを味方の機械兵士へ命令する。機械軍隊の部隊長のような役割を持っているようだ。機械が故にハッキングや高圧電流に弱いのが欠点のようだ。
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-14 17:54 | 小説を読む前に
 さて、今回は最近出番がなかったレビのはなしです。ではすたーと。

※これもアルセリオ戦記・1章と同じく、追記記事に本文がはいっております。見たい方はクリックして見てください。

第20回 それぞれの歩み
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-10 11:20 | 『のんびりメイプル生活』

みやすさてすと

 えっと、っぺくんが「小説は追記にいれるとみやすい」と言っていたので、最新号であるアルセリオ戦記・1章はテスト的な意味で追記にいれてみます。感想をおねがいします。
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-10 11:00 | リアル関係・その他

1章 戦いの始まり

 さて、『呪われた都市』の続編にあたる小説のスタートです。例によってどこかからのパクリ的要素が多い気がしますが、どうか温かい目で見守ってやってください・・・でははじめます。何度も推敲を行ったので、でるのがかなり遅くなってしまいました・・・・すいません

※普通の記事のみやすさを向上させるため、追記に小説本文をいれております。見たい方は↓をどうぞ

1章 戦いの始まり
[PR]
by jwpwm424 | 2007-11-07 17:05 | オリジナル1『アルセリオ戦記』